御仮殿(ごかりでん)の建立は謎のまま? - 日光東照宮の謎と不思議

youmaimon.JPG

スポンサーリンク


御仮殿(ごかりでん)の建立は謎のまま?

DSC_0293.jpg

日光東照宮の石鳥居の東側

御仮殿(ごかりでん)

・権現造りの本殿、相の間、拝殿
・唐門
・透塀
・鳥居
・鐘楼
重要文化財に指定されている。

御仮殿は、御本殿の修理中に一時的に御神体を安置しておく仮の御殿。

御仮殿が常設されているのは、日本の神社の中でも日光東照宮だけです。

DSC_0290.jpg

御仮殿

御仮殿

看板に書いてある建立
寛永16年(1639)
寛永16年に御仮殿移転の記録があり、火災後の再建と解釈できるが、決め手がない。

正式には謎のまま???

日光・鬼怒川の観光スポット

日光・中禅寺湖ホテル・旅館ランキング


スポンサーリンク

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright © 日光東照宮の謎と不思議 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。