日光東照宮の栗石はなぜきれいか? - 日光東照宮の謎と不思議

youmaimon.JPG

スポンサーリンク


日光東照宮の栗石はなぜきれいか?


東照宮の境内に敷き詰められている玉石「栗石」

鬼怒川の支流、砥川(とがわ)の石

青みのかかった黒色

水分を吸収しないのでコケもなく、敷き詰めたところには草も生えない。

雨が降ると地面に水が染み込み、石の表面はすぐ乾くので湿気が残らない。

この栗石は境内に約500万個あるそうです。

日光東照宮では栗石の間にもゴミもなく手入れされています!

なぜ????

それもそのはず

毎年、日光東照宮春季例大祭の前、5月1日に日光市民約3000人のボランティアで

「栗石返し」

と呼ばれる清掃が行われているそうです。

集められたゴミはトラック数台分になるようです。

日光東照宮

日光・鬼怒川の観光スポット

日光・中禅寺湖ホテル・旅館ランキング

スポンサーリンク

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright © 日光東照宮の謎と不思議 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。