日光東照宮で見逃せない「眠り猫」と「雀」 - 日光東照宮の謎と不思議

youmaimon.JPG

スポンサーリンク


日光東照宮で見逃せない「眠り猫」と「雀」

日光東照宮の「三猿」と「眠り猫」は有名です。


眠り猫

眠り猫の立て看板には

左甚五郎の作 
牡丹の花咲く下に日の光を浴びて子猫がうたた寝をしているところで日光を現す絶妙の奥儀を極めている。

とある。

眠り猫案内

奥宮にいく入口の東回廊に超有名な眠り猫の彫刻があります。

日光東照宮の眠り猫

この眠り猫には数々の逸話があり、

最初は目を開いていたとか、禅の悟りの境地を意味するとか

猫の彫刻は、他の神社・寺院にも見られるが、ほとんどは、獲物を狙って殺気がみなぎっている彫刻が多い。

寝ている猫は東照宮だけ

この「眠り猫」を見て満足してはならない。見逃してはいけないのは「眠り猫の裏側」を見てほしい。

竹林で遊ぶ2匹の雀の彫刻

二匹の雀

「猫の裏に雀の彫刻」これは偶然ではない。

猫が寝ているから、雀が楽しく暮らしている。江戸時代の平和の到来を意味しているという説。

眠り猫は平和のシンボルということで。
眠り猫案内

そして、なんと・・・・
この彫刻は取り外せる。記録には「竹と雀」に位置には「山鵠」(やまじゃく)とあるとのこと。
移動可能になっているのでどこかで動かされたのか???

最初から眠り猫と竹雀だったのか? 

本当のことはわからない・・・・不思議な日光東照宮。

日光・鬼怒川の観光スポット

日光・中禅寺湖ホテル・旅館ランキング


スポンサーリンク

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright © 日光東照宮の謎と不思議 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。